木響について

 

業務内容

・注文家具建具製作
・オリジナル家具製作
・木工製品の製作販売
・造作工事
・修理再生



納入実績

・登米町森林組合
・道の駅三滝堂(椅子製作)
・気仙沼合同庁舎(椅子製作)など


 

工房名の由来

小さな山村に育った私にとって自然はいつも想像を膨らませてくれる存在でした。そんな私が木を扱う仕事に就くことはとても自然なことでした 工房の屋号である木響(キキョウ)は ふるさとの大衡村の村花である桔梗の花からとりました。木、郷、音からうまれるイメージを作品の中から感じ取って頂けると幸いです。


 

 

 

 

職人紹介


代表     関谷 周一   Syuichi Sekiya

学生時代に地域が取り組む環境問題と産業の関わりに興味を持ち、里山の木材の付加価値をあげ、より良いものを作りるため地域に根差した木工家を志す。椅子やテーブルなどの一般家具をデザイン製作する他に、伝統工芸品である仙台箪笥の木地製作を受け持つ指物師という側面もある。

1979年 宮城県黒川郡大衡村生まれ

2000年 国立宮城工業高等専門学校 情報デザイン学科 卒

2001年 飯能高等技術専門校 木工工芸科 卒

2001年 宮城県内の家具工房や木工所などで勤務

2012年 故郷である宮城県黒川郡大衡村にて 村の家具屋 木響 を設立

2017年 仙台箪笥 木部加工部門 伝統工芸士 認定

 



工場長    佐々木 淳一   Junichi Sasaki

大崎市古川にある100年近くつづく建具屋さんの4代目。代表の関谷とは以前勤めていた家具工房からの仲。木地製作から塗装まで一貫して担当。

1979年 宮城県大崎市生まれ

1998年 宮城県古川高等学校 卒

2009年 石巻高等技術専門校 木工科 卒

2009年 県内の木工所にて家具製作に携わる

2016年 村の家具屋 木響 に参加